勤務地はあってる?

ハローワークには求人票には、募集した会社の住所が載っています。
そのため、求人票に載っている場所で働けると普通は思ってしまうものです。

 

しかし、実際にはそうとも言えません。

 

会社によっては、求人票には本社の住所を記載し、実際に働く場所は違う場所の店舗や営業所である場合があります。勤務時間も異なっていたり、実は時間外労働が多かったりします。

 

求人票に記載されている住所で働けると思って応募をしても、実際の勤務地が別の場所となっていて引越ししなくてはいけなくなる、ということもあります。住宅手当が出ないのに引越しをしなければならない場合もありますので注意が必要です。

 

応募前に、実際に自分が働ける場所はどこなのか、希望勤務地を聞いてもらえるのか、それから、転勤の可能性、転勤の頻度等事前にハローワークに確認しなければまた離職者になっていまいます。勤務地は条件の中でも生活して行く上で大切なので確認しましょう。

 

同時に通勤の便はどうなっているのか、交代制の企業なのかといった点なども確認も必要です。

人気コンテンツ

質の良い求人を探す裏ワザ
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜」それは探す場所が違うからです!質の条件の良い求人はこちら!

3ヶ月待たず失業保険をもらうウラ技
失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限が付きますが、すぐに失業保険をもらう方法もあります!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。