国民年金の手続きも必要

会社を辞めると会社員時代の厚生年金から国民年金に切り替わります

 

国民年金は2013年時点で毎月10,504円かかります。退職して収入源がない中、
生活費を工面するのでやっとのレベルなのに、それに上乗せで毎月10,000円の固定費を払い続けるのは現実的にかなり厳しいです。

 

しかも、ニュースなどで将来年金は返ってこない可能性が高いという報道がされているため、年金未払いの人がとても増えています。ただし収入に応じて、減免処置があります。

 

年間収入が単身世帯の場合は57万円、子どものいない2人世帯の場合は92万円にいかない場合は全額免除、年間収入が単身世帯の場合は141万円、子どものいない2人世帯の場合は195万円にいかない場合は半額免除になります。

 

また、退職したばかりで年収は上記の要件を満たさない場合でも、退職者向けの特例免除もあります。住民登録をしている市区町村の国民年金窓口に問い合わせてみてください。

人気コンテンツ
→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜」と思ってるかもしれませんが、
 それは探す場所が違うからです!質の条件の良い求人が眠っている場所をご紹介!

→「3ヶ月待たずにハローワークの失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「ハローワークの上手な利用方法
 ハローワークは月曜日が混みます。
 土日に休んだ分、月曜日から気合を入れて仕事探しをするという人が多いからです。